1. TOP
  2. 美容
  3. 体温を上げる事で身体に起こる、5つの良い変化!

体温を上げる事で身体に起こる、5つの良い変化!

 2018/04/19 美容
この記事は約 15 分で読めます。 547 Views
この記事のタイトルとURLをコピーする

平熱が低く、冷え性の人が増えている現代―――

健康や美容を意識する女性の間で

『温活(おんかつ)』という言葉が

注目を集めています。

 

日常生活の中で身体を冷やさないよう努め

基礎体温を最適な温度まで上昇させて、

冷え性や生理痛など

女性特有の病気を予防・改善する効果を高めることを

主とする活動と言われておりますが、

実は体温の上昇がもたらす良い効果は

それだけにとどまらず

美肌効果やバストアップ

ダイエット効果まで期待できます!

温活は女性にとって、良い事がとっても多いのです!

今回は、体温を上げる事であなたの身体に起こる

5つの良い変化をご紹介します。

 

体温について知っておこう!

〇自分の平熱を把握しよう

人間の平常時の体温は

36.5~37度が最も健康な状態であり

医学的な定義はないものの

一般的に36度未満が低体温である

とされています

 

さて、あなたは自分の平熱が何度なのか

知っていますか?

 

体温(平熱)は

計測する身体の部位(脇の下、舌の裏など)や

時間帯によって0.5~1度くらいの差が生じるため

1日1度測っただけでは判断ができません

更に女性の場合、女性ホルモンの影響も受けるため

1ヶ月の間でも細かく変動するのです

 

体温の測り方

 

起床時
午前
午後
就寝前

 

1日4回

体温計をあてる身体の部位を統一して検温し

時間帯ごとの平熱として記録しましょう

なかなか時間がなく、毎日検温できない方は

これを最低でも3日間続け

春夏秋冬(3か月おき)のデータを記録してください

出来るだけ正確な自分の平熱を把握して

低体温を改善していきましょう

 

 

〇体温が低下するとどうなってしまうの?

理想の体温である36.5~37度を下まわると

身体にどんな異変が起こるのでしょうか

 

36度で時々身体が震える事があります

これは熱を生産しようとして筋肉を動かすためです

身体の凝りの原因にもなります

 

35.5度が日常的に続くと

排泄機能が低下して便秘になる

自律神経に支障をきたす

免疫力が低下して風邪をひきやすくなる

アレルギー症状が出やすくなるなど

身体に様々な悪影響を及ぼす可能性が出てきます

 

更に35度まで下がると

恐ろしい事に

がん細胞が最も活発に増殖しやすくなるのです!

 

免疫力が下がるとさまざまな病気に対する抵抗力が弱まり、風邪をひきやすくなったり、疲れが取れにくくなったりします。そうなると、がん細胞の増殖を抑える力も弱くなるため、がんを発症するリスクが高まります。また、がん細胞は35度台の低体温で最も活発になるそうです。患者様のための最新がん情報

 

このように、平熱36.5~37度の

免疫力や新陳代謝が最も高まっている状態から

体温が低下していくにつれて

身体にとって良くない環境へと変化していきます

健康や美容効果を高めるためには

少しでも体温を高く保つことが

あなたにとってとても大切であるといえます

 

 

体温を上げる事で身体に起こる5つの良い変化

それでは、体温を上げる事で

あなたの身体に起こる良い変化

ご紹介していきたいと思います。

 

免疫力が上がり、さまざまな病気にかかりにくくなる

 

身体を温めて平熱を最適な状態で保つ

最大のメリットと言えるのが

免疫力のアップです!

体温が上がると

血液の流れが良くなり

血液中に含まれる

免疫機能を持った白血球が巡回し

外部から体内に侵入した

ウイルス・細菌など異物の排除や

役目を終えた細胞を排除してくれるため

さまざまな病気を発病しににくくする

といわれています。

 

体温が1度上がると

免疫力は一時的に5~6倍という

医師の見解もあります。

体温を1度上げると、免疫力は一時的に5~6倍アップ。心臓や脾臓など産熱量の多い臓器には、ガンはできないんです。身体を温め、平熱を上げることが健康維持につながります太陽笑顔fufufu

 

日本人の死因第一位である「がん」は

熱に弱く、心臓や脾臓などの

温度が高い臓器にはできません。

健康な状態を維持するために

体温の上昇がとても重要であることがわかりますね。

 

また、体温の上昇は脳の血行にも影響を及ぼします。

加齢などにより脳細胞が減ってくると

記憶力の低下や認知症などを引き起こす原因となりますが

体温の上昇で脳の血行が良くなれば

脳細胞が活性化し

脳の機能の改善効果が期待できるのです。

 

更に、人間の身体はストレスを感じると

血管が収縮して体温が低くなります

普段から体温を高く保つことが出来ていれば

体温が低い人と比べて血流が悪くなりにくいため

ストレスによってかかる負担を

和らげてくれるのです。

何かと心労の多い現代社会において

ストレス耐性を上げる事は

自分の心と身体を守る大きな盾になるでしょう

 

睡眠の質が良くなり、日中のパフォーマンスアップ!

 

体温と睡眠には深い関係があります

手や足などの末端が冷たいと

なかなか眠りにつけませんよね

 

実は、眠る時には『深部体温』という

身体の内部の温度が下がることで

日中の『覚醒モード』から

脳や身体を休める『睡眠モード』へと

切り替わります

体内の熱を放出するのに重要な役割を持つ

手や足の甲が冷えてしまっていると

深い眠りを得にくい状況になってしまうのです

つまり眠りに入る時に、手足の甲の皮膚血管が開き、体に対する手足の相対的温度が上昇します。そして、手足から外界に熱が逃げていくことで体の内部の温度が下がっていきます。眠いとき、赤ちゃんの手が暖かくなるのと同じで、特定の皮膚部位(ここでは手足の甲)から熱を外界に逃がすことで体の内部の温度を下げ、つまり体全体の代謝を下げ、これに引き続いて脳温も下がって眠りに入るのです。テルモ体温研究所

 

『深部体温』は、起床前から少しずつ上がり始め

日中活動する時には高い状態をキープします

夕方からだんだんと下がり

夜中に最も低くなるのです

 

低体温の人や

日中の活動量が少ない人は

本来ならば高い状態である

日中の体温があまり上がらないの

夜との温度変化が少なくなり

寝る時の『深部体温』が

しっかり下がりきりません

そのためスムーズに入眠できず

睡眠の質が低下してしまい

朝すっきりと目覚められなかったり

自律神経の働きが乱れて血流が悪くなり

ますます身体が冷えるという

悪循環に陥ってしまうことも…

 

最適な体温で質の良い眠りを得られれば

効率よく成長ホルモンが分泌されるので

疲労回復や美肌効果など

さまざまな良い効果が期待できますよ

『睡眠の効果や質の良い睡眠のとり方』については

こちらの記事に詳しく書いてありますので、参考にしてみてくださいね。

美ボディのための睡眠生活習慣

 

基礎代謝が上がり、太りにくい体質になる

人間の身体は、体温が1度上がると

基礎代謝量が12~15%上がるといわれています

基礎代謝だけではなく、消費カロリーも上がるため

必然的に太りにくく痩せやすい体質になるのです

基礎代謝量が上がるということは、代謝で消費するエネルギーが増えるので太りにくい体質ということができます。また体重が増えてしまっても、エネルギー消費が多いのでダイエットしやすくなるのもメリットです。また、女性の場合は体が冷えにくくなるので、冷えによる体調不良や美容トラブルの心配もありません。ヘルスケア大学

 

基礎代謝とは

生きていくために最低限必要な

生命活動を維持するために使われるエネルギーであり

何もしていなくても消費されるカロリーの事です

成人で1日1200~1500kcalと言われており

年齢や性別などによって差があります

 

体温が1度上がる事で

具体的にどれくらい違うのか

例を挙げてお伝えしますね

 

同じ年齢、身長、体重で

平常時の体温が36.5度のAさんと

35.5度のBさん。

2人の基礎代謝が1200kcalだとすると

AさんはBさんより15%

つまり180kcalも

多く消費していることになります。

 

180kcalといえば

ジョギングやテニスなどの

激しい運動を30分行って

やっと消費されるエネルギーです

それが、体温を上げるだけで

何もしていなくても消費されるなんて

すごいことですよね!

 

 

新陳代謝が活発になり、アンチエイジング効果

 

体温が上がれば

身体中を循環している血液の流れが良くなり

新陳代謝が活発になります。

すると

新鮮な酸素や栄養素が末端の細胞までにいきわたり

不必要な二酸化炭素や老廃物を回収する

「お肌のターンオーバー」

正常なサイクルで行えるようになるのです

このターンオーバーの周期が乱れてしまうと

 

乾燥・くす
しわ
ニキビ
毛穴の開き・たるみ

 

など、さまざまな

肌トラブルや老化の原因になってしまいます。

 

また体温が低いと

当然血色も悪くなりますので

唇の色が悪く見えてしまったり

目の下のクマが目立ってしまうなど

相手に疲れた印象や

老けた印象を与えてしまいます

体温を上げて

血色の良い健康的な美しい肌を手に入れましょう

 

 

女性ホルモンが整って、妊娠しやすい身体に♪更にバストアップ効果も!

晩婚や晩産化が進む現代の日本において

実に6組に1組の夫婦が

「不妊の検査や治療」を行っています。

 

国立社会保障・人口問題研究所が実施した「第15回出生動向調査(2015年)」によれば、妻の年齢が50歳未満で、結婚後15~19年の夫婦のうち、過去に不妊の心配をしたことがある割合は29.3%と全体の3割近くにのぼり、増加傾向にあります。その半分以上にあたる約15.6%の夫婦が治療を受けていることから、「夫婦の6組に1組が不妊(※1)に悩んでいる」と言われることがあります。

(※1)日本産科婦人科学会によると、「不妊」とは、妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、一定期間(1年が一般的)妊娠しないことを言います。(日本産科婦人科学会ホームページhttp://www.jsog.or.jp/public/knowledge/funin.html新しいウィンドウより)

日本生命

 

避妊をやめたからといって

すぐに妊娠するというわけではありません

望んだタイミングで

赤ちゃんを授かりやすくするためにも

日頃から妊娠と深く関わる器官である

子宮や卵巣を温め、いたわることが大切なのです。

 

低体温の女性が

絶対に妊娠ができない

というわけではありませんが

基礎体温をあげる事で

子宮周辺の血流も良くなり

以下のような効果が期待できます

 

子宮内膜が厚くなって、着床しやすくなる
女性ホルモンの分泌量がアップし、排卵がスムーズになる
排卵の周期が整い、月経不順や無月経などの不調を生みにくくする
子宮筋腫、子宮内膜症、排卵障害などの病気を予防する
子宮動脈の巡りも改善し、下半身太りも解消

 

このことから

基礎体温が高いと

妊娠の可能性を高めるだけでなく

婦人病の予防にも

効果的であることがわかりますね

冷え性を改善し

赤ちゃんが喜ぶような

居心地の良い子宮の温度を保つようにしましょう

 

そして、もう一つ女性に嬉しい効果が…!

体温が上がり

女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が増える事で

乳腺が発達し

バストアップ効果も期待できるのです。

バストは9割が脂肪組織でできており

残りの1割は乳腺組織です

この乳腺が発達すると

乳腺を守るために

周囲に脂肪が蓄えられて

バストが膨らむという仕組みになっています。

 

一般的に女性は男性よりも筋肉量が少なく

自ら熱を生み出す力が弱いため

より念入りに

身体を温めていく事が重要なのです

 

まとめ

 

体温を上げるだけで

これだけたくさんの

良い効果が期待できるなんて驚きですよね…!

冷えは万病のもと

と言われていますが

最適な体温を保つ事は

健康で賢く美しい女性を作るため

基礎であるといえます

 

基礎がしっかりしていれば

どんな事をするにも

効率が大幅にアップしますので

これまで自分の体温について

意識したことがなかった方も

まずは

計測する事から始めてみてはいかがでしょうか

 

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

美サイエンス|健康美・ダイエット・スキンケアに関する情報メディアの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

美サイエンス|健康美・ダイエット・スキンケアに関する情報メディアの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

管理人

管理人

キレイになるために何をすればいいか、ちゃんと理由づけて学びたい!!
ふわっとした情報多すぎる!!
そんな思いからひたすら美容情報を勉強している管理人です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 体温を上げる事で身体に起こる、5つの良い変化!

  • 細けりゃいいってもんじゃない!?男の子に聞いた理想の彼女の容姿とは

  • ゴールデンタイムは嘘!?2018年版 美ボディのための睡眠生活習慣

  • これさえ分かれば大丈夫!美バストを作るために1番大事なこと

関連記事

  • ゴールデンタイムは嘘!?2018年版 美ボディのための睡眠生活習慣

  • これさえ分かれば大丈夫!美バストを作るために1番大事なこと

  • 何気ない行動がNG!!美バストにとって悪い8つの生活習慣

  • 細けりゃいいってもんじゃない!?男の子に聞いた理想の彼女の容姿とは

  • ダイエットとバストアップの両立はできる!?育乳のための食べ物決定版!